〒892-0841
鹿児島県鹿児島市照国町12-1
(厚地記念クリニック PETセンター1F)

ENGLISH PAGE099-223-2778

鹿児島市/内視鏡検査/消化器外科/内科/肛門外科

よくある質問集

トップページ»  よくある質問集

胃・十二指腸潰瘍とピロリ菌感染の関係を教えてください。また、胃癌との関連はどうでしょうか?

■治癒前期の胃潰瘍。 ■活動期の胃潰瘍。
治癒前期の胃潰瘍。 活動期の胃潰瘍。

ノーベル賞が与えられたことでも有名になった研究で、胃・十二指腸潰瘍の主な原因としてピロリ菌感染が明らかとなりました。しかしピロリ菌の感染率は日本人では成人の7割以上ですので、ピロリ菌の感染があると必ず潰瘍になるわけではありません。しかしピロリ菌感染を合併する胃・十二指腸潰瘍の患者さんの場合は、このピロリ菌を除去することで再発率が非常に低くなります。この事実により、胃・十二指腸潰瘍に対してピロリ菌を除去する「除菌療法」が保険適応となりました。

胃癌との関連:
しかし、その後の研究でピロリ菌感染のある慢性胃炎の患者は、感染のない患者さんの3倍も胃癌になりやすいということが判明。これに基づき2013年春よりピロリ菌感染のある慢性胃炎にも除菌治療の適応が拡大されましたので、除菌を希望される場合は専門医に相談してください。
なお、胃内視鏡検査を受けずにピロリ菌感染の有無だけを受ける場合は、自費での検査となり、健康保険の適応にはなりませんのでご注意ください。

除菌療法について:
具体的には「潰瘍治療薬と2種類の抗生剤を1週間服用するだけ」の治療ですので難しいものではありませんし、外来通院で可能な原因療法です。
ただし、1度で除菌が成功する確率は75%ほどで、除菌後の再発もまれにみられます。

また、除菌が成功した場合は内視鏡的にも慢性胃炎の所見が改善し、萎縮性胃炎への移行が止まります。治療終了後、4か月目に尿素呼気検査で除菌が成功したかどうかの確認を受け、成功した場合には1年後に胃内視鏡検査での最終確認が大切だと思います。

pagetop

胸やけがよくします。近医で逆流性食道炎(胃食道逆流症)の疑いがあると言われましたが、これはどのような病気ですか?

逆流性食道炎は、食道の弛緩や排出機能の低下などで頻繁に酸度の高い胃液の食道内への逆流が生じ、食道粘膜に傷をつける病態です。以前は高齢者に多かった病気ですが、生活様式の変化により若い人でも頻度が増加しています。

治療の対象となるのは、胸やけなどの自覚症状がある場合ですが、それ以外の症状には咽頭部異和感・胸部痛・嚥下痛のほか見逃されやすい症状として夜間の喘息様の咳もあります。いずれにしろ確定診断は、胃内視鏡検査によって行います。

治療は、強力な制酸剤と消化管機能改善薬を主体とした薬物療法が中心です。また肥満の改善・食事内容・食後にすぐ横にならない・夕食後すぐに眠らないこと・アルコール摂取や喫煙を控えるなど生活習慣の改善なども必要となります。漫然と症状のみから投薬を受け、食道癌などの重大な疾患を見逃されている場合がありますので、治療を受けられる前に必ず内視鏡検査を受けましょう。

pagetop

大腸ガンを早期に発見するためにはどうしたらよいでしょうか?

大腸癌は、食生活の変化より増加しています。実際、当院で見つかった大腸癌は胃癌の約2倍という数字がこれを物語っています。

大腸癌の早期発見にもっとも正確な検査は大腸の内視鏡検査です。しかし実際に大腸癌検診で行われているのは便潜血検査です。しかし、この検査だけでは「統計によると、早期癌の4割は潜血反応陰性となり、見逃されてしまう」という問題があります。また大腸の早期癌には、バリウム検査で発見しにくい「陥凹型癌」が意外に多いこともわかっています。したがって最も確実なことは定期的に内視鏡検査をおこない、ポリープ(腺腫)が癌化しないうちに切除することです。

進行癌では手術が必要となり、しかも再発の心配もしなくてはなりません。しかしポリープもしくは小さな早期癌の段階でしたら内視鏡で簡単に切除できます。また、大きくて内視鏡切除できない場合でも、早期癌の場合多くは大きく開腹することなく腹腔鏡の手術も可能です。

ポリープは多発することが知られています。以前にポリープ切除を受けた方は3年をめどに定期検査を受けましょう。大腸内視鏡検査は苦しいのではと、間違った認識をお持ちの方も多いかと思います。当院では、大腸内視鏡の挿入について、いろいろなテクニックを駆使し、苦痛のない検査を行っています。以前、検査で苦しい思いをされた方も一度ご相談ください。

pagetop

胃にポリープがあるといわれました。検査はどうしたらよいでしょうか?

胃ポリープの大多数が、「過形成性ポリープ」や「胃底腺ポリープ」といわれるもので、大腸ポリープ(腺腫が多い)と違い、癌化の心配はまずありません。したがって、しばらく1年に1度程度の胃内視鏡検査を受けられ経過を見てよいと思います。
また「過形成性ポリープ」が多発している場合は、ピロリ菌の除菌療法が有効との報告もあります。

ただし、腺腫やポリープ状に見える「小さな癌」も稀に見られますので、内視鏡検査でポリープの状態を確実に把握し、場合により組織の一部をとる検査を行うこともあります。組織検査で腺腫が疑われた場合は、内視鏡切除の適応になります。この場合、外来で行えますので専門医に相談されてください。

pagetop